Session S-13
7/24 15:45-16:30
定員:約150名

≪自動車≫モジュール化、成功の条件

講演者

オートインサイト 代表
技術ジャーナリスト/編集者
日経BP未来研究所 客員研究員 
鶴原 吉郎氏

講演内容

世界の自動車メーカーは今、車種の多様化とコスト削減という相反するニーズに
対応する解として、モジュール化に取り組んでいる。従来、同様の狙いで完成車
メーカー各社は、プラットフォームの共通化に取り組んできた。これは、ある車
種で使ったプラットフォームを、別の車種でも展開することで、量産効果を高め
るのが狙いだった。しかし、結果的には思ったほどの効果を上げられなかった。
プラットフォームを共通化しようと思っても、実際に別の車種に展開する際には、
要求特性の違いによって、変更しなければならない部分が多かったからだ。

この反省に立って、現在世界の完成車メーカーが取り組むのがモジュール化だ。
これはクルマをいくつかのモジュールで構成する構造とし、複数の車種で同じモ
ジュールを使うことで開発効率と量産効果を高める手法。先行するドイツ
Volksawagenグループは、すでに複数の車種で展開し始めているほか、日産自動
車もモジュール化の手法を取り込んだ車種を発売した。トヨタ自動車やホンダも
同様の手法に取り組む。世界の完成車メーカーが取り組むモジュール化の最新動
向を紹介する。

閉じる