Session T2-4
7/24 14:30-15:00
定員:約70名

モデルベースシミュレーションによるオンボード回路設計の効率化

講演者

モーデック

講演内容

本セミナーではシミュレーション用コンポーネントモデルと密接に関連付けした実践的かつ効率的なオンボード回路設計手法を紹介します。
エレクトロニクス関連の設計でシミュレーションを活用している割合は、全世界を100%とすると現在の日本では15%しかないと言われています。
この数値はエレクトロニクス製品を世界に数多く出している日本にとっては、あまりにも少ない数値と考えられます。
海外の競合がシミュレーションを活用した効率的な設計をしているわけですから日本もそれに対抗していかないと、次第に競争力が失われていくことは明白です。
回路シミュレータは世の中に多数あり、ユーザによってお使いのシミュレータが異なりますが、その共通インフラと言われているのがシミュレーション用モデルとなります。
どのようなシミュレーション用モデルを使えばコストを抑えながら実践的かつ効率的なオンボード回路設計ができるかについて議論します。

閉じる