Session M-1
7/25 13:20-14:10
定員:約70名

熱設計/熱対策における逆解析技術の新たな応用

講演者

アドバンスドナレッジ研究所

講演内容

一般的な熱流体解析ソフトでは、設計者の考えた設計案をインプット条件として気流の流れや温度分布をシミュレーションによって求めるだけでした。そのため当初の設計条件では目的とする設計目標値を達成できない場合は、設計目標を満たす改善条件を、設計者自ら何度も考え直さなければなりません。設計目標を満たすことのできる改善案を見つけるためには、膨大な数の試行錯誤を繰り返す必要があります。
 限られた設計検討期間の間に、設計目標を達成する設計案を見つけるにはどうすればよいか?FlowDesignerの逆解析機能は、その答えを導いてくれる唯一の熱流体シミュレーションソフトです。大阪大学との共同開発により、熱流体解析分野では世界で初めてノンパラメトリック逆解析機能を実現。達成したい設計目標値を入力すると、FlowDesignerの逆解析機能は、「設計の初期案から、改善すべき条件はどこか」を「逆」に求めることができます。実設計への適用例を含めた逆解析の紹介を行います。

閉じる